一戸建ての購入と住宅ローン選び

ホームへ戻る >  ブログのSEO対策で知っておきたいこと  > 一戸建ての購入と住宅ローン選び

ほとんどの世帯が一戸建ての購入の際に住宅ローンを利用することになります。返済期間も20~35年と長期に渡るため、綿密な返済計画を立てていく必要があるのです。それだけに住宅ローンの選択そのものが大変重要な意味を持ってきます。


現在、多くの金融機関がさまざまな住宅ローンを販売しています。返済期間や金利、返済方法などそれぞれ独自性をアピールしているわけですが、金利タイプによって数種類に分類することができます。

まず変動型。金融市場の動向、景気の変動に合わせて金利が変動するタイプです。購入後に金利が安くなる可能性がある一方、景気の上昇によって金利も高くなる可能性もあります。最終的な返済額が把握しづらい面もあるので判断が難しいタイプでもあります。


それから固定期間選択型。これは一定期間を固定金利で返済し、その期間が過ぎた後に改めて金利を設定しなおすタイプです。再び固定金利にしてもよいですし、変動型に切り替えることも可能です。その時その時の景気の動向を踏まえて判断することができるのです。


3つ目が長期固定型。「フラット35」がとくに有名ですが、返済期間中、ずっと同じ金利で固定されているタイプです。つまり、住宅ローンを利用した当初の金利のまま返し続けることになります。そのため合計の返済額がいくらになるのか事前に把握しやすいという特徴があります。超低金利といわれている現在、注目を集めているタイプです。


一戸建てを購入する資金計画ではこれら3種類のうちどれがもっとも適しているのかを選択する必要があるのです。資金状況、就業状況、あるいは家族計画など、さまざまな観点から判断したいところです。一戸建てを購入したはいいものの、後で資金繰りに困るようなことは避けたいものです。