一戸建て購入時にかかる諸費用とは

ホームへ戻る >  拒食症の原因  > 一戸建て購入時にかかる諸費用とは

憧れの一戸建てをマイホームとして購入する際、物件の費用のほかにもじつにさまざまな諸費用というものが必要になるということをご存知でしょうか。不動産を取得するときと、ローンの手続きを行なう際には少しまとまった諸費用が必要になります。大切な手続きの際に「明日までにこんな金額用意できない!」というような事態に陥らないためにも、必要な諸費用の種類とおおまかな金額を把握しておきましょう。


まず、不動産を取得する際に必要な諸費用の項目には、売買契約印紙税や登録免許税、登記手数料と不動産の登記の際に司法書士さんに支払う報酬、不動産取得税、不動産会社に支払う仲介手数料などとなります。こうやって項目を挙げてみると、意外と税金が取られてしまうものだとわかりますよね。ちなみに仲介手数料に関しては、売り主や代理業者から購入した場合は必要ありません。

次にローンの手続きの際に必要になる諸費用について見ていきましょう。住宅ローンの手続きの際には、住宅ローン印紙税に融資手数料、住宅ローン保証料、団体信用生命保険料、火災保険料、登録免許税・登記手数量などが必要になります。最近はこの中の融資手数料や住宅ローン保証料を無料にしている金融機関も増えてきています。コストを抑えたいという方は、手数料のかからないところを中心に探してみてもよいかもしれません。


こうした一戸建て購入時にかかる諸費用は、一般的に一戸建て購入金額の5%程度必要になると言われています。このほかにも、引っ越し代金や水道加入金、電話移設費などが必要になる場合もあります。住宅購入資金にはできるだけ余裕を持たせて、諸費用の捻出に困らないように準備しておきましょう。