貸事務所の使い方

ホームへ戻る >  拒食症の原因  > 貸事務所の使い方

貸事務所とは、事務所を構えたい法人や個人事業主が借りるレンタルオフィスのことです。大企業になると自社ビルを持っているところが多いですが、中小企業などは貸事務所を借りるのが一般的です。通常は事務スペースとして使用しますが、他にも様々な使用方法があります。


例えば会議にのみ使用する使い方です。地方都市に事務所を構えている場合、都内での打ち合わせ回数が多かったり、資料を出張のたびに持っていくことが大変だったりすると、貸事務所を借りていると何かと便利なのです。

また、都内にオフィスの住所が欲しいというだけで貸事務所を借りることがあります。これはオフィスの住所が良い場所にあると信用があるためです。そのため大企業が多くある千代田区や港区といったところで貸事務所を借りることが多いようです。このような場所が書かれた名刺をもらうと、「おっ」と思うのではないでしょうか。このようにビジネスをする上ではイメージ戦略も必要となります。また同じ業界のオフィスが多くある場所では、ビジネスの効率も上がります。


最近の貸事務所では、家具付きのところもあります。デスクやチェアなどがそろっていると新たにオフィスを構えるときに家具の購入が不要だったり、オフィスの移転でも引越しのコストが安く済むなどと良いことが多いです。貸事務所の敷金・礼金はそこそこ大きな出費になりますので、あまりコストをかけずに貸事務所を借りるときには、家具付きを狙ってみるのも良い手段と言えます。