拒食症の原因

ホームへ戻る > 拒食症の原因

意外とマットも受けてます
貸事務所の使い方
キレイなインプラン貸事務所のランニングコスト
一戸建て購入時にかかる諸費用とは
ウェディングドレスの選び方

若い女性の間で増加しているといわれる拒食症。体重が急速に減少し、うつ症状に陥ってしまうなど心身に重大な影響をもらたすものです。最悪の場合自殺など命にかかわる事態も起こりえます。ではこの拒食症はなにが原因で発生するのでしょうか。


もっとも多いといわれているのが心理的な要因です。とくに指摘されているのが体型への過剰に思い込み。自分は太り気味だと思い込んでしまった挙句食事の量を減らしてしまうようになり、それが食事の拒否、受け付けない状況へと進展してしまうのです。無理なダイエットや、体型のことを人から揶揄されるといったことをきっかけに起こることが多いようです。また、幼少時の性的虐待や家族への拒否反応、潔癖症なども原因となる重大な要素と言われています。

もうひとつ大きな問題となっているのが社会的な要因。これは心理的な要因をもたらすきっかけとしても問題視されています。つまり、痩せている女性が魅力的だという風潮をメディアが流したり、ダイエットの必要性を過剰にアピールするような言説などです。それらが男女を問わず痩せている女性へのプラスイメージ、太っている女性へのマイナスイメージをもたらすことによって自分の体型に不安を覚えてしまう人が増えてしまうことが拒食症の遠因とも言われています。


そのほか、うつ病やアルコール依存症といった特定の疾患を抱えている人も拒食症にかかりやすいことが報告されており、原因として指摘されています。


このように、原因はさまざまな面に渡っており、いかに防ぐことができるのかが予防に大きな役割を持つことになるのです。