リウマチと運動

ホームへ戻る >  裏側からの矯正  > リウマチと運動

リウマチ治療には薬物療法が大きな効果を発揮しますが、症状が慢性化してしまった場合には適度な運動も必要になってきます。治療と同時進行でリハビリを続けていく必要も出てくるのです。


痛みが慢性化してしまった場合、どうしても手足を動かす機会が少なくなり、運動不足に陥りがちです。しかし関節を使用する機会が減少すると固くなってしまい、思うように動かなくなってしまったり、痛みがひどくなってしまうこともあるのです。また体を動かさないと関節周辺の筋肉が衰えてしまい、膝などの場合は負荷が大きくなることで痛みが増してしまうこともあります。

ではリウマチ治療のための運動にはどのようなものがあるのでしょうか。痛みと付き合いながら体を動かしていく必要があるため、ハードな運動は厳禁です。理想的なのは自動運動といわれるもので、ラジオ体操など関節を中心に全身を自分で動かせる範囲で動かす運動のことです。リウマチのリハビリ用に用意された体操などもあります。


それから等尺性運動という方法もあります。これは関節を動かさずに筋肉だけを動かして鍛える方法です。これなら関節に負荷をかけずに周囲にある筋肉を鍛えることができます。


これら運動によるリウマチ治療は自分だけで判断せず、医師や理学療法士と相談しながら最適な方法を選択していくことになります。体を動かせば精神的にもずっと健康になることができますし、リウマチとも前向きに向き合うことができるようになるでしょう。ぜひとも取り入れるようにしたいものです。