インプラントの手術方法

ホームへ戻る >  裏側からの矯正  > インプラントの手術方法

インプラントの手術には、2回法と呼ばれる方法と、1回法と呼ばれる方法の2種類のやり方があります。まず2回法ですが、この方法は文字通り2回の手術が必要となります。最初の手術では、歯が抜けてしまった部分を切開して、顎の骨にインプラントを埋め込む手術が行われます。そして、いったん歯肉を縫い合わせて、骨とインプラントがオッセオインテグレーションによって結合するのを待ちます。この安静期間が、3ヶ月から6ヶ月と時間を要する期間なのです。


安静期間が過ぎたら、今度は2回目の手術を行います。この手術では、再び患部を切開して、今度は人工歯の支柱となるアバットメントをつけます。そこで歯肉の状態が安定するまで待って、型を取って人工歯を成形し、正規のアバットメントに装着して完了となります。

一方、1回法では、最初の手術の時にアバットメントも取り付けてしまいます。再度切開手術を行わないので、時間も短縮できますし、患者への負担が少ないとされています。しかし、完成後の歯肉の状態を比べると2回法のほうが見栄えが良いとされています。


また、1回法でも2種類の方法に分けることができます。インプラントを埋め込んだ際の、固定状況や骨のコンディションなどから、そのまま人工歯を装着してしまう方法と、アバットメントだけ取り付けて経過を見る方法です。後者の場合は、インプラントと骨の結合と、歯肉の安定を待ってから人工歯を取り付けることになり、一般的にはこちらの方法がとられることの方が多いのです。