結婚祝いを渡す時期

ホームへ戻る >  裏側からの矯正  > 結婚祝いを渡す時期

結婚祝いを渡すにあたってはいつごろ贈るのがいいのでしょうか。品物の場合、現金の場合、違いはあるのでしょうか。ここでは結婚祝いを渡す時期について考えていきましょう。品物の場合でも、現金の場合でも、特に違いはありません。結婚式や披露宴が行われる1週間くらい前までに持っていくのが基本となっています。品物の場合には披露宴の会場に当日持っていくと迷惑になることもありますから、もし品物を渡したいというのであれば、目録を持っていくようにして、当日は物を持っていかないようにしましょう。


結婚式や披露宴に招待されなかったという場合には、結婚式の後に結婚祝いを贈った方が、相手に気を遣わせずに済むので、式が終わって新婚旅行などから帰ってきて、ひと段落着いてから渡すようにしましょう。

結婚祝いの贈答様式について次は考えていきますが、できるだけ品物だけで贈るのではなく、お祝いの手紙やメッセージを付けた上で贈りましょう。のし紙を付けて「結婚祝い」と書いたり「お祝い」と書いてもらいましょう。本格的にしたいというのであれば、水びきを付けることになりますが、その場合は紅白の奉書紙で包んで、その上にのしを付けてから、水引きを付けますが、金銀7本または10本のもので結び切りを使うのが一般的です。


本格的に贈る場合でも、仲の良い友達に気兼ねなく渡す場合でも、ラッピングをしてもらって、のし紙は付けてもらった方がいいかもしれませんね。