歯医者でインプラント

ホームへ戻る >  トイレのリフォーム  > 歯医者でインプラント

できることなら、いつまでも自分の歯で健康的な食生活を送りたい。でも虫歯や歯周病などのさまざまな原因で、歯医者で永久歯を抜かなければならない状況になった場合、抜いてしまったあとは一体どうなるのでしょうか。多くの歯医者では永久歯を抜いたあとは、人工的な根を歯肉に埋め込んだ上に被せものをする「インプラント」か、両どなりの歯を利用して橋を架けるように被せものをする「ブリッジ」のどちらかの治療法を選ぶことになります。中でも「インプラント」は、多くの人が施術を受ける最近人気の治療法。この「インプラント」とはどういう治療法で、費用はどのくらいかかるものなのでしょうか。

「インプラント」とは、永久歯を抜いたあとの歯肉の部分から、チタンでできた人口の根を骨に埋め込んで、その上に歯の形をしたものを取り付ける治療法。口の中に人工的に歯を作り出すもので、1本のインプラントで1つの歯を作るのはもちろんのこと、複数のインプラントをつないでブリッジを作ることも可能になっているんですよ!この「インプラント」のメリットは、何といっても抜いた部分が元のように戻るということ。両端の歯を削る必要もないので、ほかの歯に負担をかけることもありません。


しかしメリットだけではなく、当然デメリットもあります。たとえば骨に人工的な根を埋め込むための手術を受けなければならなかったり、保険が適用されないために治療費がかなり高額になるという点です。治療費はインプラント1本で25万~50万円程度が必要になりますし、根を骨に埋め込む構造上カンタンに外すことはできません。このような点を踏まえて、高額な治療費がかかる「インプラント」は歯医者でしっかりと相談の上、納得して治療を受ける必要があります。