知っているようで知らない歯周病

ホームへ戻る >  トイレのリフォーム  > 知っているようで知らない歯周病

最近では歯周病という言葉をよく聞きますが、昔は歯槽膿漏と呼んでいました。歯周病とは歯と歯ぐきの間から入ったバイ菌が歯肉に炎症をひき起こす病気で、歯科での治療が必要になります。初期段階での歯周病はほとんど自覚症状がなく、歯周病に気付かず悪化させて、酷い場合は歯ぐきだけではなく歯を支えている骨まで溶かしてしまいます。小学生の頃から歯周病になる人もいれば、比較的長い時間を掛けて歯周病になる人もいます。歯周病は年齢だけでなくその人の抵抗力や、細菌の種類や歯肉の状態によっても違いますので、普段から歯科医院で定期的なチェックを受けるといいでしょう。

また、歯垢や歯石がたまると細菌が繁殖し、この細菌が歯周病を引き起こして歯が抜け落ちる場合もあります。歯周病は虫歯と違い歯には何の症状もなく、歯の周りが破壊されていく病気です。虫歯のように歯が変色したり、歯に穴が空いていないのに食べ物が噛めなかったりして、ある日突然歯が抜けてしまうこともある恐ろしい病気です。つまり歯周病は歯そのものではなく、歯ぐきや歯を支えているその下の骨の病気のことです。


また歯周病は、仕事や急激な変化などでストレスを感じたり、疲れがたまっていると体の抵抗力や免疫力が低下し、歯周病のさらなる悪化を引き起こします。ストレスや疲れだけでなく喫煙や栄養不足や、さらに糖尿病や更年期等のホルモンの変調も歯周病を悪化させ治りにくくなる原因になります。歯周病が虫歯から起きると勘違いしていた方も多いと思いますが、歯周病も歯周ポケットが深くなっていき歯根膜や骨に炎症が拡がっていく点では虫歯と同様に歯科でのメンテナンスが大事になります。