症状の分かりにくい歯周病の定期検査なら島村歯科

虫歯虫歯が進行すると、神経を抜く必要がでてきます。神経を抜くと食べ物の味を感じなくなりますので、むやみに抜くものではありません。歯の神経で味を感じなくても舌で感じることができますが、感度はかなり落ちてきます。残せる神経であれば、そのまま残しておくことが最も良い治療方法ですので、医師と相談して治療を進めていくことをおすすめします。


また、神経を抜くと歯が死んだ状態になり栄養が行きとどかなくなりますので、歯が変色し、次第にもろくなり抜けてしまうことがあります。どんなに頑張っても変色は避けられるものではありません。

変色が始まったら、歯の色が茶褐色から黒色になります。ここまでくると、歯の内側からホワイトニングの薬剤を入れて漂白するしか方法がありません。漂白するとさらに歯がもろくなりやすいため、そのうちインプラントなどにすることになります。


ただし、神経を抜いたからといって悲観する必要はありません。詰め物の材質や、根の状態など、適切な処置によっては一生持つ場合もあります。


いずれにしても、神経を取ると歯の寿命が短くなりますので、虫歯にならないように歯磨きを怠らず予防しておくこと、神経を抜く前の段階で虫歯の治療をしておくことが大切です。